本サイトにおける、事例問題の見方に関してはこちらをどうぞ。

午後 問149

45 歳の男性 A、工場勤務。A は酒好きで、毎日焼酎を4〜5合飲んでいた。この数年、健康診断で肝機能の異常が認められ、飲酒量を減らすよう指導を受けていた。半年前から欠勤が目立ち始め、酒の臭いをさせて出勤し、仕事のミスも目立ち始めた。産業医は「完全に飲酒をやめることが必要。できなければ専門病院での入院治療も必要」とAに指導した。A は今後一切飲酒しないと約束した。1か月後、上司から産業保健スタッフの一員である公認心理師に連絡が入り「A が1週間ほど無断で休んでいる。電話をすると、つい酒を飲んでしまったということだった」と言う。

関係者(上司、人事労務担当者、産業保健スタッフ、家族など)の対応として、不適切なものを1つ選べ。

1、関係者が集まり、全員で A に問題を認識させる。
2、治療を受ける意向がある場合は合意事項を確認し、A と約束する。
3、「絶対自分でやめる」と主張する場合は、A の意思を尊重して様子を見る。
3、治療しなければ降格や失職の可能性も考えなければならないことをA に伝える。
4、専門治療の必要性と入院を含む治療方針について、関係者間で事前に協議しておく。

引用:公認心理師試験 午後問題

考察

依存症に関する問題ですね。依存症に考える前に、まずは「乱用」「中毒」「依存症」の違いを確認しておきましょう。
まず、乱用についてですがこれは「社会的に許されない利用の仕方をしている」です。例えば、薬物などは1度使っただけで社会的に許されませんよね。
なので、薬物は一度の使用で「乱用」です。アルコールの場合は1度飲んだくらいでは乱用にはなりませんね。例えば、飲みすぎて次の日の仕事を休んでしまうとか、飲みすぎて大切な約束をすっぽかしてしまうとかだと、ちょっと「えー……」と思ってしまいますね。その場合はアルコールの「乱用」といえるのではないでしょうか。

次に中毒ですが、これは「毒」に「中(あたる)」と書いて中毒です。物質が身体に悪く作用するのが中毒です。アルコールの場合で考えると、酔いすぎて意識を失ってしまったりするのはまさにアルコールが身体に悪い作用を及ぼしているので中毒といえますね。あるお医者さんと飲んでいるときに「今さ、酔っぱらってるでしょ、認知機能は低下するわけですよ。つまり、今私はアルコール中毒」と言っていたのが印象的でした。つまり、中毒というのは使い方を説明する用語ではないので、アルコール依存症をさして「アル中」というのは誤りです。

最後に依存症です。これはその物質がないとまともな生活ができなくなってしまった状態です。アルコールが入っている状態が普通、入っていない状態は異常となったらこれはアルコール依存症です。よく依存症というと、心理的依存(やめたいと思っていても強い衝動が起る)だけだと思われがちですが、物質関連依存症の場合は身体依存が発生することも特徴です。これは、物質が抜けてくると身体に異常をきたすことです。アルコール依存症者の場合アルコールが抜けてくると手が震え、アルコールを飲むと震えがおさまりますね。

さて、今回の事例はアルコール依存症の方の事例です。
具体的にイメージしてみます。お酒を飲まれない方はあまりイメージできないかもしれませんが一日焼酎5合はやばいです。焼酎の小さめの瓶みたことあるでしょうか?あの瓶が5合瓶なので、毎日1本開けてます。ワインボトルが750mlなのであれより多いですね。ワインとかじゃないですよ。焼酎ですよ、焼酎。
ということで、当然ながら身体依存も心理的依存も発生していることが予想されます。本人もやめる必要性はおそらく感じているのではないでしょうか。「やめる」と言っているのにやめられない。やめたくてもやめられない状態です。

こうなってしまうと、もはやお酒を断つ以外に方法はありません。本人がやめると言っているからそれを信じて待つとかそういう段階ではありません。入院治療も視野に入れられているくらいの状態です。ここで本人任せにして、さらに症状が進んでしまったら元も子もありませんし、「やめよう」と思ってやめられなかったという経験は本人の自尊心を傷つけることにもつながります。以上から3を選ぶことができます。

消去法で選ぶ場合は1と3で迷われた方が多かったのではないでしょうか。依存症は否認の病ともいわれています。本人が重要性を全然認識していない可能性もあります。「もう一度自分でやめる!」という位です。問題がよく分かっていない可能性もありますね。その場合はみたことあるでしょうか自分の大切な人からやめてほしい胸を伝えるのも一つの手です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。ツイッター(@iwakunily)でもブログでも感想やご意見を聞かせていただければと思います。