本サイトにおける、事例問題の見方に関してはこちらをどうぞ。

午後 問138

36 歳の男性 A、会社員。A は転職を考え、社外の公認心理師 Bのカウンセリングを受けた。6か月間 B は A の不安を受け止め、二人で慎重に検討した後、転職することができた。初めはやる気を持って取り組めたが、上司が替わり職場の雰囲気が一変した。その後のカウンセリングでAは転職を後悔していると話し、AがBの判断を責めるようになった。次第に、B は言葉では共感するような受け答えはするが、表情が固くなり視線を避けることが増えていった。その後、面接は行き詰まりに達して、A のキャンセルが続いた。AがBの判断を責めるようになってからの B の行動の説明として、最も適切なものをつ選べ。

1、不当に B を責めて、自分の責任を外在化する A に対して、距離を置いている。
2、不満をこぼすが状況に対処していない A に対して明確な姿勢をもって臨んでいる。
3、それまでのように A に支持と共感をしないことによって、意図せず反撃してしまっている。
4、誤った判断をし、A を傷つけてしまったという不安が強くなり、介入することができなくなっている。
5、職場に対する不満の問題が再燃し、繰り返されていることを気づかせるために中立性を保とうとしている。

引用:公認心理師試験 午後問題

考察

岩国が間違えた問題です。注意して考察を読んでください。

色々なことは考えられると思いますが、私がこの事例を読んで最初に感じたのは「クライアントのアグレッションとカウンセラーの恐れ」です。受容と共感が文字通り「言葉だけ」になってしまい、そこに自己一致できていないことがキャンセルにつながっているのかという感じがしますね。

その自己一致していない共感や受容がアグレッションとなっていると、今事例を見返すとすっきりわかるのですが、テストではほぼ即答的に4に〇をしていました。あまり深く考えず条件反射的に解答するとこのような過ちを犯してしまうのでしょう。

これだけで終わるのも味気ないので、私だったら今後どのように面接の方針を立てていくのかを考えてみたいと思います。
基本的には強いアグレッションをぶつけてきているので、そのアグレッションを扱っていくと思います。なぜ、彼はこんなにも怒っているのでしょうか。
言わずもがなですが、転職を決断したのはクライエントです。当然、面接の中で責任をカウンセラーに委ねる言動があったことや、それに飲み込まれてしまった可能性も無きにしも非ずですね。そういうことが起っていたとしても、時間を巻き戻し転職をなかったことにすることはできません。

クライエントの中には「あの時どうして転職をやめなかったんだ、過去にもどれるなら」という過去に対する執着があることはなんとなく見えてくるのでしょうか。アグレッションは過去の判断へのアグレッションでもあります。これを扱いながら、「過去」ではなく、「今」に戻ってこれるような面接ができたらいいなと、私だったら考えることでしょう。手法としてはもう少しアセスメントを進めたいところですが、CBTや森田療法を用いるような気がします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。ツイッター(@iwakunily)でもブログでも感想やご意見を聞かせていただければと思い