本サイトにおける、事例問題の見方に関してはこちらをどうぞ。

午後 問137

26 歳の男性 A、会社員。A は仕事上のストレスが原因で心理相談室に来室した。子どもの頃から忘れ物が多く、頑固だと叱られることが多かった。学業の問題は特になかった。友人はほとんどいなかったが、独りの方が楽だと思っていた。就職した当初はシステムエンジニアとして働いており、大きな問題はなかった。しかし、今年に入って営業部に異動してからミスが増え、上司から叱責されることが多くなった。Aは「皆がもう少しゆっくりやってくれたら」と職場への不満を口にするが、「減給されるので仕事を休む気はない」と言う。
A に実施するテストバッテリーに含めるものとして、最も適切なものをつ選べ。
1、BACS
2、MMSE
3、STAI
4、WAIS-Ⅲ
5、田中ビネー知能検査Ⅴ

引用:公認心理師試験 午後問題

考察

場面としては私設相談室でしょうか。紹介でもなく、自主的に私設相談室に訪れたとしたならばそれはそれでよく話を聞いてみる必要がありそうですね。
この情報から発達的要因を疑う理由は十分にあるでしょう。そういった理由から発達的な要因をアセスメントできる検査をとることが要求されます。

正直に言うと、岩国はBACSが何なのか分かりませんでした。しかし、この局面でWAIS以上に適切な検査もないだろうと思い即答で4に〇をしました。迷うとすれば、5番の田中ビネーですが、岩国の心理士の感覚的には、ここで田中ビネーは取りません。もし田中ビネーを選択するとしたら、「16歳11か月以上の成人で、WAISの負荷に耐えられない、または、データがちゃんと取れるか疑わしい場合」でしょうか。

知らない検査が沢山選択肢にあったとしても、この局面でWAISをとらない理由を説明する理由の方が出てこないのではないでしょうか。WAIS自体を知らないとしたら、それはもう少し勉強が必要かもしれません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。ツイッター(@iwakunily)でもブログでも感想やご意見を聞かせていただければと思い