本サイトにおける、事例問題の見方に関してはこちらをどうぞ。

午前 問77

30 歳の女性 A、事務職。A はまじめで仕事熱心であったが、半年前から業務が過重になり、社内の相談室の公認心理師 B に相談した。
その後、うつ病の診断を受け、3か月前に休業した。休業してからも時折、 B には近況を伝える連絡があった。本日、 A から B に「主治医から復職可能との診断書をもらった。早く職場に戻りたい。手続を進めてほしい」と連絡があった。
このときの対応として、適切なものをつ選べ。

1、AとBで復職に向けた準備を進める。
2、Bが主治医宛に情報提供依頼書を作成する。
3、Aは職場復帰の段階となったため相談を打ち切る。
4、Aが自分で人事課に連絡を取り、復職に向けた手続を進めるように伝える。
5、Aの同意を得て、B が産業医にこれまでの経緯を話し、必要な対応を協議する。

引用:公認心理師試験 午前問題

考察

岩国が間違えた問題です。注意して考察を読んでください。

この問題を読んだとき「Aさん焦ってない?」という印象を持ちました。もちろん、休業が長かったので、焦る気持ちは非常によく分かりますが、なるべくなるなら復帰可能な状態であるかどうかを見極めたいなと思いました。治療が終わった=復職という単純なロジックではないだろうと思い、もう少し心理士側で情報を集めるべきだろうと思って、2を選択しました。情報提供依頼書というところが引っ掛かりましたが、「まあ医者じゃなきゃ依頼しちゃいけないってことはないだろう」と安易な気持ちで選択してしまいました。

学校現場で考えると、統合失調症に罹患した生徒がいて入院治療になり、治療が終わって退院した。その後、すぐ学級に復帰するかどうかと考えると、そんなことはなく、学校サイドの判断も必要になってきます。その判断はもちろん管理職で行うことになるのですが、そこまでに専門職として情報を集めて提供し、意見を述べるのは必要なことだと思っていました。なので、今でもちょっとこの問題には引っ掛かりがあります。

結果的には4が正答なので、「治療終了=心理士の役割はおしまい」となり、人事課の判断を待って復職という形になるということだと思います。あまりにも無責任な気もしなくはありませんが……
産業領域で働いている方の意見を是非聞いてみたいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。ツイッター(@iwakunily)でもブログでも感想やご意見を聞かせていただければと思い